頭頸部外科

特徴

われわれ新潟県立がんセンター頭頸部外科の専門は頭頸部がん治療です。頭頸部がんの最大の特徴は食事・会話・呼吸に直接影響する部位で、衣服に覆われない美容的に問題の多い部位に発生するがんであるということです。つまり、頭頸部がん治療は多かれ少なかれ頭頸部の機能面、美容面に障害をもたらすことが避けられず、進行例ほど発声(声を出すこと)、咀嚼、嚥下(噛んで飲みこむこと)、顔面、頸部の形態などに大きな後遺症を残す傾向にあるので早期発見が非常に重要です。そうは言っても再発がん、進行がんの患者さんはいらっしゃいます。そういう方たちのために、通常の拡大切除のほかに機能温存、機能再獲得のための治療も用意しているのが当科の特徴と考えます。


  1. 頭頸部とは
    頭頸部は脳より下で鎖骨より上の領域で顔面から頸部全体がここに含まれます。脳腫瘍などの頭の中の疾患は頭頸部には含まれません。
  2. 頭頸部がんの種類
    口腔がん(舌、歯肉、口腔底、頬粘膜、口蓋)
    咽頭がん(上咽頭中咽頭下咽頭
    喉頭がん
    鼻・副鼻腔がん(上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞)
    唾液腺がん(耳下腺、顎下腺、舌下腺)
    甲状腺がん
  3. 頭頸部がんの症状
    症状の特徴は口腔がんの口中のしみる感じ・痛み、喉頭がんの嗄声(声がれ)のように自覚症状が明らかな疾患もありますが、咽頭がんのようにほとんど自覚症状がなく早期に頸部リンパ節転移を生じる疾患もあります。のどの違和感が長期間治らなかったり首のしこりを触れたりしたら早めに専門医の診察をお勧めします。特に喫煙されたり過度なアルコール摂取される方は要注意です。
  4. 頭頸部がんの診断
    他の疾患と比較して視診、ファイバースコープなどで診断しやすい特徴があります。外来ではこれまでの症状をお聞きしてから(問診)、口腔、咽頭、喉頭、鼻腔などを視診および電子ファイバースコープで観察し腫瘍の有無を確かめます。また、触診ならびに超音波装置(諸般の事情から当外来には設置されていません)で頸部リンパ節、甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍の有無を確かめます。そのうえで、癌が疑われるリンパ節には細い注射針による穿刺吸引細胞診を行ったり、直接もしくはファイバースコープによる組織生検を行うことが初診時に可能です。明らかにがんと思われれば病理検査の結果を待たずに治療方針について説明することもあります。CT、MRI(予約制)で行われますが、がんの進展範囲、リンパ節転移、肺転移などを知るために必須です。

外来診療

「外来診療予定表」のページへ


病棟

西3病棟


スタッフ