がんゲノム医療センター

がんゲノム医療センターについて

ご挨拶


【がんゲノム医療の目的はがんの個別化医療です】


がんの原因が遺伝子の異常(遺伝子の構造変化や増幅)であることが明らかとなり、遺伝子異常を標的とした薬剤が次々と開発され、がんの治療に効力を発揮しています。一般にがん細胞は複数の遺伝子異常を持っており、同じがん(例えば肺癌)でも、患者さんによってはがん化に関わる遺伝子異常が異なる場合があり、がんの進展や治療の結果によっても治療対象となる遺伝子異常が新たに見つかる場合があります。このような事情から、ある患者さんのがん細胞が持っている遺伝子全体(ゲノムと言います)を調べ、がん化に関わっている遺伝子や治療標的となる遺伝子を特定し、そのがん患者さんに最も適した医療(個別化医療)を届けようという、がんゲノム医療が臨床現場に入ってきました。


当院は本県唯一のがん専門病院として、平成14年12月に地域がん診療拠点病院、平成19年1月からは都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受け、県民の皆様に良質ながん医療を提供してまいりました。平成30年10月にがんゲノム医療連携病院の指定を受けたことから、平成31年4月にがんゲノム医療センターを設け、令和2年3月からがんゲノム医療の入り口であるがん遺伝子パネル検査を開始しました。今後はがんゲノム医療拠点病院である新潟大学付属病院と連携しつつ、県民の皆様にがんゲノム医療を提供してまいります。


がんゲノム医療センター長 本間 慶一