医療機器中央管理室

医療機器中央管理室では、臨床工学技士による院内医療機器の中央管理を行っています。現在3名の臨床工学技士が医療機器の操作・保守管理を通じて医療現場の安全を支えています。


臨床工学技士


医療機器の操作・保守管理


手術室業務

全身麻酔に使用する麻酔器の点検・保守管理、ラジオ波焼灼、NIM、電気メスなどの機器トラブル対応を行います。また、近年身体への負担が少ない腹腔鏡などの鏡視下手術が増加しています。鏡視下手術に使用する医療機器の準備・動作点検・術中記録をMEが担うことで、安全な手術の進行を支えています。

手術室業務

 

血液浄化業務

緊急に血液浄化が必要となった患者様への血液浄化療法を行います。また、がん診療連携拠点病院の当院で多く実施される腹水濾過濃縮再静注療法、末梢血幹細胞採取、骨髄幹細胞採取などにも積極的に携わっています。

血液浄化業務

 

ME機器管理業務

輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器など医療機器の中央管理を行います。日々の保守管理を臨床工学技士が行う事で、いつでも整備された安全な医療機器を現場へ届けています。

ME機器管理業務

 

内視鏡室業務

内視鏡検査で使用される内視鏡装置・ファイバーの点検を行っています。臨床工学技士目線の定期点検を行うことで、異常を早期に発見し、内視鏡による正確な診断・治療を支えます

内視鏡室業務