栄養課

栄養課について

栄養課では、入院患者さんの病気の回復のために、医師の指示の下、管理栄養士が献立を作成し、専門の調理師が食事を作り提供しています。入院、外来の患者さんに、それぞれの病気に対して食事の相談に応じております。

入院中の食事について

入院時に栄養管理計画書を作成し、患者さん一人一人の病状に合わせた栄養管理を行なっております。


食事時間


朝食 7:45~
昼食 12:00~
夕食 18:00~

食中毒防止のためにも食事は1時間以内にお召し上がりください。また、生ものは持ち込まないようお願いします。


食事の種類


一般食 常食、軟菜食(三分粥、五分粥、七分粥、全粥)、
流動食、小児食、幼児食、離乳食、きざみ食、ミキサー食
治療食 糖尿病食、高脂血症食、肥満食、心臓食、腎臓食、
妊娠中毒食、高血圧食、肝臓食、膵臓食、胃術後食、
胃潰瘍食、低残渣食、禁ヨード食
クリン食(移植後や免疫力の弱った方の食事)
口腔食(口腔内に炎症等のある方の食事)
化療食(化学療法等による食欲低下のある方の食事)
検査食 注腸検査食

個人対応食

治療の経過で、食欲の低下した方には、管理栄養士がお伺いして、ご相談しながら食事内容を工夫してまいります。

選択メニューの実施

常食、小児常食、幼児常食の方々に、2種類のメニューから選んでいただく「選択メニュー」を週4回実施しています。選択メニューを選んでいただいた場合は、準備に係わる費用として1食につき20円を患者さんにご負担いただいております。

栄養食事相談について

食事療法の必要な患者さんに栄養相談を行っています。


※栄養相談をご希望の方は、主治医又は看護師にご相談ください。一階栄養相談室で随時
(月~金、9:00~16:00)行なっております。