入院生活について

携帯品について

(1)入院するときは、次のものをお持ちください。

  • 入院申込書、
  • 保険証、
  • 印鑑、
  • 寝衣(病院から貸し出し(1日につき60円)も行っております)
  • 肌着類
  • 内履き(履き慣れたもの、滑らないもの)、洗面道具、タオル、バスタオル2~3枚、ティッシュ、箸、スプーン、湯呑茶碗、イヤホン、日常生活に必要とする物
  • ※以上は売店でもお求めになれます。

(2)手術を予定されている方は、手術に必要と説明された物


(3)のんでいる薬がありましたら、すべてお持ちください

薬剤情報提供用紙がある方は持参してください

 

食事について

食事は、栄養管理計画を作成し、病状にあわせてお出ししています。

食事時間は朝食7時45分 昼食12時 夕食18時です。

常食、小児食、幼児食の方々に、2種類のメニューから選んでいただく『選択メニュー』を週4回実施しています。選択メニューを選んでいただいた場合は、準備に係る費用として1食ごとに患者さんのご負担金があります。

治療の経過で食欲の低下した方には、『個人対応食』を提供しています。管理栄養士が病室にお伺いしてご相談しながら食事内容を工夫しています。


平成18年4月1日から、入院時の食事の負担金が1日単位から1食単位に変更になりました。


入院中の食事については、栄養課の情報もご覧下さい。


洗濯について

私物の洗濯は病棟に簡易な洗濯場があり、乾燥室もありますのでご利用ください。


地下室に有料の洗濯機と乾燥機があります。


付き添いについて

入院中の看護は、看護師が行いますので付き添いは必要ありません。


但し、患者さんの病状等により、ご家族の方が付き添いを希望される時は、医師の許可を受けてください。寝具を希望する時は貸し出ししますので、看護師に申し出てください。なお、患者さんの負担による有料の付き添いは認めていません。