皮膚科のがん: 悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚の色を作るメラニン細胞もしくはホクロの細胞が悪性化したもので、皮膚がんの代表格です。白色人種に多くみられ、日本人における発症は人口10万人あたり年間1人位の割合ですが、近年は増加の傾向にあり、その理由として人口の高齢化や欧米型への生活スタイルの変化が挙げられています。皮膚の悪性黒色腫は全身のどこにでも生じますが、日本人の場合は手、足などの身体の末端部に多く、4分の1は足底(足のうら)に発生します。

悪性黒色腫(メラノーマ)

 

診断のポイント

最初は黒いシミとして始まり、徐々に不規則な形をとって拡がります。早期の悪性黒色腫とホクロとを肉眼的に鑑別するのは困難ですが、診断のポイントとして、


  1. 全体の形が非対称的で、縁どりが凹凸不整
  2. 黒色、茶褐色、青色などが入り混じり、色の濃さにもムラがある
  3. 大きさが7mm以上(生まれつきのホクロを除く
  4. 大きさや形が変化してきている

悪性黒色腫(メラノーマ)

 

などの徴候がみられる場合は要注意です。早期の段階を過ぎると、表面に腫瘤(こぶ)を形成するようになり、出血や潰瘍を伴います。


爪の悪性黒色腫も日本人に比較的多くみられます。爪の縦方向の黒い線が初発症状の場合が多いですが、これは日本人では正常でもときに認めます。黒い線の幅が拡大する、爪のまわりの皮膚に黒いしみだしを認める、それらに伴って爪が変形してくる、という場合には悪性黒色腫を疑う必要があります。

悪性黒色腫(メラノーマ)

爪の早期悪性黒色腫

 

ホクロは悪性化するか?

原則として、生まれた後に生じた通常のホクロが悪性化することはありませんが、数cmを超えるような大きなホクロが生まれつき存在する場合は、非常にまれですがそこから悪性黒色腫が発生することがあります。局所麻酔による日帰り手術で済むものが大半ですので、生まれつきのホクロは成人までに切除することをおすすめします。

悪性黒色腫(メラノーマ)

爪の早期悪性黒色腫

 

ホクロは悪性化するか?

手術治療が基本です。広範囲切除を原則としますが、早期病変であれば、病巣から5mm~1cm離した切除のみでほぼ100%の治癒率が得られます。症例によってはリンパ節の全切除(リンパ節郭清)も一緒に行います。以前はリンパ節転移の有無が術前に判断できなかったために、多くの症例で予防的に最初からリンパ節郭清を行っていましたが、近年放射性同位元素と色素を用いて入口のリンパ節(センチネルリンパ節と呼びます)を検出することが可能となり、そのリンパ節の転移の有無によりリンパ節郭清の適応が決められるようになりました。これはセンチネルリンパ節生検と呼ばれる検査法ですが、当院でも積極的に行っています。


悪性黒色腫に限ったことではありませんが、最も重要なことは早期発見、早期治療です。取り越し苦労で済めば幸いですので、気になるホクロ、シミなどがあれば、皮膚科に遠慮なく御相談下さい。