遺伝性乳がん卵巣がん症候群外来
遺伝カウンセリング外来

遺伝性乳がん卵巣がんとは

乳がんや卵巣がんの5-10%は、遺伝的な要因が強く関与して発症していると考えられています。その中で最も多くの割合を占めるのが、遺伝性乳がん卵巣がんです。BRCA1やBRCA2という遺伝子(以下、BRCA1/2)に生まれつき変異があり、乳がんや卵巣がんの発症のリスクが高くなります。BRCA1/2遺伝子の変異は、親から子へ、性別に関係なく50%(1/2)の確率で受け継がれます。BRCA1/2の遺伝子の変異の有無を知ることで、ご本人や血縁者の方のリスクに応じた検診や発がんの予防法に関して話し合うことが出来ます。


遺伝カウンセリング外来と遺伝性乳がん卵巣がん外来

当院では遺伝性乳がん卵巣がんに遺伝カウンセリング外来(毎月第3火曜日午後)と他院通院中の遺伝カウンセリングの希望の方の初期対応や遺伝カウンセリング後の経過観察を行う遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)外来(水曜日午後、木曜日午前中)を開設しました。専門の医師や遺伝カウンセラーが対応します。

遺伝カウンセリングの対象

遺伝カウンセリングや遺伝子検査の対象者は以下のような方です。

  • 若年者(特に40歳未満)で発症した乳がんの方
  • 両側や同一側でも繰り返し乳がんを発症した方
  • 乳がんや卵巣がんの血縁者のいる乳がんの方
  • トリプルネガティブ乳がんの方
  • 卵巣がんの方(粘液性がんを除く)

遺伝カウンセリング外来の受診の仕方

遺伝カウンセリングや遺伝子検査にご興味のある当院通院中の乳がん、卵巣がんの患者さんは乳腺外科、婦人科担当医に相談して下さい。他院通院中の乳がん、卵巣がんの患者さんは、最初に、HBOC外来(水曜日午後、木曜日午前中)を受診していただきます。HBOC外来でお話を伺い、ご相談の上、プレカウンセリング及び遺伝カウンセリング外来を予約させていただきます。また原則的に、HBOC外来の受診にはかかりつけ医の紹介状と予約が必要です。かかりつけ医から予約を取ってもらってください。

料金

遺伝カウンセリングと遺伝子検査は自費になります。


費用
遺伝カウンセリング外来受診 5,260円
遺伝子検査  発症者(患者さん)向け検査 約21万~24万円
血縁者向け検査 約3万5000円

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群外来FAX申込書


遺伝性乳がん・卵巣がん症候群外来FAX申込書」のダウンロードはこちらから。(PDFファイル)

問合せ先


地域連携・相談支援センタ-

TEL:025-234-0011(直通)   FAX:025-234-0022