予後調査について

当院病歴室では、当院にてがんの治療を受けられた全ての患者さんについて、その治療結果とその後のご健康状態を確認するための予後調査を毎年行っています。この調査はがん医療の進歩のためには欠かせないものです。当院では、新患としてがんの治療を受けられてから20年間の予後調査を行っています。具体的な方法としては、当院への受診情報を基本としますが、長期に受診されない患者さんについては、封書による直接の問い合わせや、市町村への戸籍照会などを行っており、得られた個人情報は新潟県個人情報保護条例に基づき適切に管理されています。

退院後、一部の患者さんへはご自宅に本調査用の封書が届く場合もあろうかと思いますが、何卒ご協力をよろしくお願いいたします。なお、封書による問い合わせをお断りになりたい場合には、病歴室担当者までご連絡下さい。


病歴室:025(266)5111 内線 2264・2265


 

院内がん登録の予後調査支援研究調査について

当院は、国立がん研究センターが全国のがん診療連携拠点病院を対象として行う「院内がん登録の予後調査支援研究調査」に協力しています。具体的には、2007年以降に当院でがん登録をされた患者さんの内、当院の予後調査で経過が把握できなかった方について国立がん研究センターから各市区町村への住民票照会が行われます。お断りになりたい場合は病歴室までご連絡下さい。