臨床検査関係

臨床検査施設基準値 一覧


過去の臨床検査施設基準値 一覧」はこちらをクリックしてください。

臨床検査 採血・採取量 一覧

一般検査

検査
項目
採血・
採取量
容器 採血・採取上の注意点 正常値
尿定性・沈査 尿
25~50mL
尿コップ又は滅菌コップ
(蓋付き)
細胞の崩壊、溶血、細菌の増殖などで成績が不正確になるため、採取後速やかに提出すること(早朝、中間尿が望ましい)  
尿定量 蛋白定量 蓄尿
5~10mL
畜尿コップ   <100mg/day
糖定量 <100mg/day
糞便
検査
潜血反応   専用容器 採取後冷所保存し速やかに提出のこと (-)
髄液検査 2mL 滅菌スピッツ(蓋付き) 採取後速やかに提出すること(細胞の変性、融解を防ぐため)。検体少量の時は、優先順位を明記すること 比重:1.005~1.007
細胞数:0~5/mm3
蛋白:10~40mg/dL
糖:50~70mg/dL
クロール:120-125mEq/L
穿刺液 胸水
腹水
穿刺液
5mL以上 滅菌スピッツ
(蓋付き)
採取後速やかに提出すること       浸出液   漏出液
比重:   1.018以上 1.015以下
リバルタ反応:(+)  (-)
繊維素析出: 多量   微量
蛋白:  4g/dL以上 2.5g/dL以下
血糖
ヘモグ
ロビン
A1C
2mL
(両方
測定可)
灰色シール
採血管
凝固不可。採血後直ちによく混和する 血糖:70~110mg/dL
HbA1C(NGSP) 4.7~5.9%
血沈 1.28mL 専用採血管 採血管に入れたらゆっくり3~5回転倒混和  
妊娠反応 随時尿
25~50mL
尿コップ   (-)

血液検査

骨髄検査

<用意するもの>

一式

  • 時計皿
  • スライドガラス
  • カバーガラス
  • マッペ
  • ピペット
  • チップ
  • ドライヤー
  • チュルク液(細胞数カウント用)

 

必要に応じて以下を用意

  • マーカー用保存液
  • 染色体用保存液

 

依頼用紙の骨髄穿刺部位を必ず記載する


チェルク液 マーカー用保存液 染色体用保存液
チェルク液 マーカー用保存液
※使用時添加ヘバリン添加
染色体用保存液

その他の血液検査


ヘモグロビンF染色 ヘモグロビンF染色
 
  • 検血用採血検体で同時に検査可
  • 採血後直ちに提出

染色体遺伝子関連検査


末血RNA 末血RNA 7ml
末血STR 7ml
末血 FISH5ml 末血 染色体5ml 末血 FISH 5ml
末血 染色体 5ml
骨髄液FISH 骨髄液FISH
*当院実施項目
・bcr/abl
・PML/RARα
・異性間BMT
 
※使用時ヘパリン加
骨髄液FISH 骨髄液 青 SRL
*外注実施項目
・骨髄液FISH
・骨髄液RNA
STR 骨髄液 緑 LSI
*外注実施項目
・骨髄液FISH
・骨髄液遺伝子構成
・骨髄液JAK2
・骨髄液STR

生化学検査 (検体採取容器・採血量)


生化学検査 (検体採取容器・採血量)


生化学検査 (検体採取容器・採血量)


生化学検査 (検体採取容器・採血量)


生化学検査 (検体採取容器・採血量)