上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

上部消化管とは食道、胃、十二指腸を指し、これらを一度に観察してきます。従来「胃カメラ検査」といわれていたものと同じ方法ですが、内視鏡の開発とともに検査できる範囲が広がっています。

 

目的

食道、胃、十二指腸に発生した病気を診断したり、ときには治療します。主な病気は悪性のがん、潰瘍、炎症、ポリープなどです。治療については治療内視鏡をご覧下さい。

検査中に、病変が疑われた場合、出血などが認められた場合には、必要に応じた次のようなことが行われる可能性があります。粘膜組織の一部を生検鉗子でつまみ取り、顕微鏡で組織検査を行います(生検)。安全な色素を撒布し、病変を明確にして診断の助けとします(色素撒布)。出血などでは止血治療をします。なお生検は、病変の性質を調べ診断するために必要ですが、検査後に出血することもあります。結果が出るまでに一週間位かかります。

事前検査

採血検査:内視鏡による感染を防止するために検査の前に感染症の血液検査を行っています。

食事の注意

前日の夕食:軽い夕食を19時までに済ませて、遅い時間の食事は控えて下さい。

当日の朝食は絶食です。水分は早朝(7時頃まで)の水はよろしいですが、牛乳やジュース、お茶は控えてください。

当日の検査後:1時間はノドの麻酔が効いているため絶食です。なお生検された場合には3時間ほど絶食となります。

薬の内服は

心臓病や血圧の薬などの錠剤は、朝7時までにコップ1杯の水で服用して下さい。

糖尿病の薬やインスリン注射は検査当日は中止です。

脳卒中、心臓病などで血液が固まりにくくなるお薬を内服中の方は、検査の前後で服用を一時休薬していただく必要がありますので、主治医からの指示をお守りください。

その他は予約時や検査当日の指示をお受け下さい。

その他の注意事項

  • 検査当日は色々な薬を使う可能性があるため、車の運転は出来ません。
  • 現在なにかの病気で治療中の方は申し出て下さい。(とくに前立腺肥大症、緑内障、脳卒中、心臓病で治療中の方)