定位放射線治療装置(ノバリス)

定位放射線治療とは?

ターゲットとなる病巣に対して多方向から高精度に集中して放射線を照射することにより、通常の放射線治療よりも周囲の正常組織への放射線量を極力抑えて治療することが可能となる放射線治療法のことです。定位放射線治療でも、一回で完了する治療を「定位放射線手術」(Stereotactic Radiosurgery(SRS))といい、狭義に分割照射での治療を定位放射線治療(Stereotactic Radiotherapy(SRT))という場合があります。

定位放射線治療ノバリスの特徴

心筋シンチグラフィー

定位放射線治療ノバリス


ノバリスはピンポイント治療(定位放射線治療)を行う目的に開発された専用のシステムで、ガンマナイフと異なり、治療部位は頭部領域だけでなく体幹部病変へ治療も沢山行われております

CTやMRI、PETなどの画像データで病巣(腫瘍)を3次元的に把握し、病変部に対して多方向から低線量の放射線ビームを高精度に集中させて、正常組織の被曝を最小限に抑え、病巣にのみ高線量を照射します。「定位放射線治療」と呼べるのは、治療誤差が頭蓋内で2mm、体幹部で5mm以内で治療ができることと定義されています。

保険による定位放射線治療が認められているのは、頭頚部腫瘍と、体幹部では以下の疾患のみとなります。


  1. 5cm以下で転移のない肺癌あるいは肝癌
  2. 他に病巣がない3個以下の肺転移または肝転移
  3. 脊髄動静脈奇形

ノバリスの場合、照射可能な照射野の大きさが10×10cmと限られているため、これを超える大きな腫瘍は治療できません。しかし線量集中性の問題から直径が5cm程度までの腫瘍が(比較的安全に線量を集中させて)治療することのできる限界と考えております。

画像での病変の把握

ノバリスは画像融合のソフト(全自動イメージ・フュージョン機能)をもち、基本となるCTに、MRIやPETなどでしか把握できない広がりを持つ病変を反映させることが可能になっています(図1)。体幹部治療では呼吸性移動を加味した治療を行わなくてはならないため、3秒のスロー・スキャンCTを撮影してそれを基本になるCT画像に融合させて治療計画を行っています(図2)。


※各図をクリックすると別のウィンドウを開いて拡大します。

強度変調放射線治療IMRTも可能

ノバリスは優れた治療計画用ソフトウエアにより、画像検査で把握した病巣の広がりや周囲の正常組織に応じた最適な治療計画を選択することが出来ます。

強度変調放射線治療(IMRT)は、病変の近傍に放射線感受性の高い(放射線に弱い)危険臓器があったとしても、それらの危険臓器の放射線量を制限し、なおかつ病変部に十分量の放射線が当たるような計画をコンピューターが算出し、治療する方法です。(図3)のように普通の照射野では照射野内は均一な線量になっていますが、IMRTはマイクロマルチリーフコリメーター(図4)が出入りすることで照射野内の線量に強弱をつけることが可能となった放射線治療です。このとこにより(図5)のように、放射線に比較的弱い眼神経の線量を制御したり、脊髄の線量を下げたりといったことが、簡単にできるようになりました

ノバリスはマイクロマルチリーフコリメーター(図4)により、腫瘍(癌)の形に合わせて放射線ビームの形を変えることが可能で、どのような方向からも病変にフィットさせた照射野を形成し、複雑な形状でも正常組織への放射線量を抑えて治療することができます(図7)。

これらの機能により従来の放射線治療では制御不能であった疾患も、また放射線治療による副作用の問題で治療対象とならなかった腫瘍も対象になるようになりました。


 

 

様々な治療:図9101112


ピン固定なしで患者により優しい

頭部の病変はガンマナイフの治療が最も歴史があり、現在も多くの病院で使用されている装置ですが、治療を高精度に行うために頭部の固定は金属フレーム(頭蓋骨にスクリュー固定、ピン固定)に頼らざるをえません。それに対してノバリスでは治療中の動きをなくすための特殊な樹脂製のマスクは使用するので、苦痛のあるピン固定は必要ありません。頭頚部ではマスクにつけた赤外線反射マーカーを、体幹部では体表面につけた赤外線反射マーカーを赤外線モニターが認識し、治療部位までボタン一つで移動します(図13)。ノバリス治療室にはフロアに埋め込まれたX線による透視装置をもち、このX線透視画像とCT画像からの合成画像の比較により、治療台の上の患者さんの位置のズレを計算し、正確に照射位置を調整することが可能となっています。(図14)(通常は患者さんの骨格を把握することにより、相対的な病巣の位置を割り出し、正確に病変部に照射することが可能です。)体幹部の固定はバキューム・クッション(空気を抜くことにより、患者さんの体形で固まるクッション)とカーボン製のトレイで行います(図15)。


 

分割照射と治療時間短縮化の実現

前記のマスクを採用することにより、頭頚部領域においても1回で行う治療ではなく分割照射が可能となり、悪性腫瘍の治療における分割照射のメリットを生かすことができます。また、ノバリスは高い線量率(短い時間で大量の放射線照射)での照射が可能であり、相対的に短い時間での治療が可能です。(1回の治療時間は平均的には入室から退出まで30分程度です。)

低侵襲の治療で通院という選択枝も

ノバリスでの治療では従来の放射線治療のような副作用はあまり見られず、総治療期間も比較的短いですので、通院できるあるいは通院を希望される患者さんは通院で治療を行っています。

保険での治療

当院では基本的に上記の定位放射線治療の保険適応疾患以外はノバリスによる治療は行っておりません。


症例:図16~27


放射線治療、診察日等に関する問い合わせ

新潟県立がんセンター新潟病院

〒951−8566 新潟市中央区川岸町2丁目15番地3

電話(025)266−5111(代表)

放射線科外来(内線2153)

担当:松本放射線科部長、杉田放射線科部長